二胡数字譜の作り方(其の1)

  二胡初級者の悩みの一つは、楽譜(数字譜)ではないでしょうか。趣味の二胡で懐メロなどあれこれと弾いてみたいのですが、一般に楽譜といえばピアノ用の五線譜が普通です。でも厄介なことに二胡ではこの五線譜がそのままでは使えない。

 二胡は「二調の楽器」とやらで、ピアノ楽譜より2度高い音が出るらしい(二胡のドはピアノのレ)。そこで二胡用に五線譜を書き換えてもいいが、それならいっそのこと二胡の数字譜の方がましとなるようです(なお数字譜が採用されるのには、別にもっと深い意味があると思われますが・・・むつかしい話は、このさい横に置いておいて!)。

 既に二胡の数字譜があればいいのですが、弾きたい曲はピアノの五線譜しかない場合もよくあります。この場合どのように二胡の数字譜に変換したらよいのか?
 また、懐メロや演歌のピアノ譜をみると、二胡の楽譜では見られないE調や♭A調なども出てきます。これらは、どのようにしたら馴染みのあるD調やG調に変えられるのか?

 音楽に詳しい人には何でもないことでしょうが、私のように楽譜などには何十年も、とんと縁のなかったオジさんにはお手上げです。二胡の教科書には書いてあるのでしょうが中々、理解できない(基礎知識がなさ過ぎるのでしょう・・・)。

 そこで、オジさんようなド素人でもピアノ五線譜から二胡数字譜に変換する方法がないものかと、あれこれと模索してみました。そして、同じような境遇の方に、少しでもお役にたてばとの思いでこのテーマを採り上げてみました(2,3回に分けてご紹介します。素人による素人向けのマニュアルです)。

 二胡は中音域から高音域までの3オクターブを持つ楽器です。従ってピアノ五線譜で低音域を含む曲であれば、先ず曲全体を中音域に移調しなければなりません(カラオケで自分の声にあわせてキーを変えるようなものです)。順を追って、簡単な所から入ろうと思います。

(二胡用、数字譜を作る手順)

1. 先ず五線譜全体をみて下第一間(ハ調のレの位置)より低い音譜が出てくるかどうかチェックする(下の五線譜のドレミをご覧下さい)。
  ① 出てこない場合は移調の必要はない。
  ② 出てくる場合は、移調しなければ二胡では弾けない。この場合、出来るだけ移調の幅が小さい調に移調する(移調の幅が大きいと二胡の外弦「高音域」ばかりを使うことになってしまい弾きにくい)。

②の場合の移調の方法は後ほどふれるとして、先ず①の場合の数字譜化から入ります。元の五線譜は何調(D調、F調・・・)かを♯、♭の有無から表-2で確認します。
 (表-2は各調の二胡のポジションを一覧表としてまとめたものです。数字譜つくりの基本の表となるので、面倒ですが一度ご自分でも作ってみられることをお勧めします)
 (画像はクリックすれば拡大されます)
 
画像
画像
 
画像


 (例1)
 さてピアノ五線譜から二胡の数字譜化ですが、茶摘みの曲を例にしてみましょう。曲は♯が一つだからG調です。次に調に無関係にハ長調のドレミで読み取ります(固定ド)。・・・下の五線譜はクリックすれば拡大されます。
画像

 次は、ピアノ譜と二胡数字譜の換算表(表-1)から、実音(ピアノ)のドレミから対応するG調の列の数字譜に書き換えます。例えばピアノ譜のファはG調のシ(7)となっています。
 下の表は元譜そのままのG調と、それをD調に置き換えた例をあげておきました。
 なお、この曲では半音(表-1、2でブルーに塗った欄、例えばG調のシやD調のミ、シなど)が出てこないので表1、2からそのまま読んだらいいのですが、半音がある場合は♯や♭がついてきます。これについては次章(数字譜化、其の2)でまとめていますので、そちらを参照願います。 
画像


 (例2)
 花嫁人形は♭が二つだから♭B調です。例1と同じ手順で表-1から、二胡用の数字譜に書き換えます。
 。
画像

 これで取りあえず、低音域を含まない曲の数字譜化は出来ますね。低音域を含む曲は、先にもふれたように二胡で演奏可能な中音域に移調しなければなりません。この手順は次の章(記事)で取り上げます。
  

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 積年の夢、二胡との邂逅。

    Excerpt: 昔は、自分のつたない中国語力に勇気が出ず、引っ込み思案になったり、訊きたいことも呑み込んだりしたが、その時ははっきりした質問も頭に浮かばず少し躊躇した。しかし、立ち去れず、とにかくドアを押した。遠慮が.. Weblog: マダム スンの台湾と日本の片隅で racked: 2009-04-14 20:18
  • ようやく秋、二胡の先生と楽器店へ行く。

    Excerpt: 10月上旬。11階の室内で24~27度くらいの気温に落ち着き、過ごしやすくなってきた。思うに、台北の自宅にいて24~25度というあたりが私は一番好きだ。長らく裸足だった足にソックスを履こうかなあ、まで.. Weblog: マダム スンの台湾と日本の片隅で racked: 2009-04-23 10:07
  • 懐メロCD

    Excerpt: 懐メロCD懐メロというと私の時代は、山口百恵のCDだったり、桜田淳子のCDなどが代表みたいだけど、「赤ちょうちん~ 」や「なごり雪 」のCDなんかも忘れられない曲です。懐メロとひとくちに言ってしまうと.. Weblog: 懐メロCD:情報nav.entertainment racked: 2009-07-07 19:55